グループウェアで現場を管理しています

私の会社は建設関係の業務が主なので、従業員は現場に出て働く事が多いです。
そのため誰がどこの現場に出ているかを常に把握する必要がありますが、そうした情報はグループウェアで共有されています。
以前は手書きのファイルで管理をしていたのですが、従業員が多く、誰がどこに出ているのか確認するのは大変でした。
特に他の営業所の職員の動向を知る場合には営業所に電話をして確認していたくらいなので、グループウェアが導入されてよかったです。
今はスマホやパソコンからすぐに調べる事ができるので便利です。
どこの現場に誰がいるかを把握するのは重要な事ですし、それぞれの工事のスケジュールなどもグループウェアで一元的に管理しています。
必要なIDやパスワードをもった従業員なら誰でもアクセスできますので、一人一人が全体の事を考えて仕事ができます。
各工事の進捗状況などを確認すると、自分の現場もがんばらなければ、と言う気にもなるので、社員の士気高揚にもつながっています。